感想・レビュー一覧 7件

青春期によくある、受験の重圧と、家庭問題等の様々な要素が絡まった心の葛藤を描いた作品です。 この作者の他の作品ではあまり思わないのですが、今回は、主人公がまさに作者の分身のように感じました。 巽さ
ネタバレあり
1件
この度は、まちぶん佳作おめでとうございます。 緻密な構成と描写力。 その世界は、とても映像的です。 そして、想定外の話の流れと、地方文学の求めているレベル以上の文学性が窺われると確信しております
1件
男子読者ゆえに、つい巽目線で物語に入り込んでしまいました。『たまたま恩師の娘だったから』しかし作中で彼が結に尽くす様子を見る限りでは、こんな在り来たりの動機では無かったように感じました。その衝動に走る
ネタバレあり
3件
続きが読みたくなる素敵な作品でした。父が桜島の出身なので、子どもの頃は毎年鹿児島に帰省してました。でも、恥ずかしながら伊佐市のことは初めて知りました。曽木の滝、いつか訪れてみたいです。
1件1件
読了致しました(*`・ω・)ゞ 遅読なわたくしの為に、再度アップしていただいて、ありがとう御座いますm(__)m こちらの作品も紫倉さん独特の世界で、主人公の心情描写が、ジワワぁ~っと来る感じが
ネタバレあり
3件
恥ずかしながら、伊佐という市をこの作品を通して知りました。 地元の伊佐を出たい少女と、伊佐を知りたいとやってきた青年。 ラストの「私はきっと、ここを出て行く。それなのに、巽さんにはここを選んで欲しいと
ネタバレあり
4件
(・ω・` )ちょ…… まだ消さないでくださいませ!←www
1件

/1ページ

7件