小森日和

作品、完読しました! 企業が利益の為に倫理を踏み外すのはよくあることですが、今回のお話は寒気を感じました。近未来においては、実際に起こり得る話だと思いました。その可能性の一部を見たようで、複雑な気持ちにさせられました。 ハマダさん、いいキャラクターですね。言葉に人柄が伝わってきます。最初はほのぼの系のストーリーかと思いきや、結構強く揺さぶってくるヒューマンドラマとして読まされました。 記憶の中で再会し、同じ時を過ごす。技術的に可能になったら、今回のような悲劇もあるんだろうなと思いつつ、ハマダさんみたいな人たちに頑張ってもらいたいと心底思いました。 素敵な作品、ありがとうございました! アイデアとしては色んなパターンの広がりができそうな気がしますので、別パターンや続編を期待したいと思います!

1/1ページ

1件