記憶屋のコンシェルジュ

愛する人の記憶が保存された場所。そこに一人のコンシェルジュがいた

高山佳久

56分 (33,425文字)

80 1,678

あらすじ

愛する妻の記憶が保存されているオフィスに通う男に、コンシェルジュは重大な秘密を打ち明けた。

感想・レビュー 3

とても面白かったです。 剛志さんの香凛さんへの思いが本当に痛いほど伝わってきました。 ハマダさんはとてもいいひとですね。タイトルを見ると、ハマダさんが影の主役なのでしょうか。 硬質だけど固すぎない、き
2件
とても素敵な作品を読ませていただきました。 メモリーバンクの設定など、いつかこういう未来が現実になるかもと感じさせるリアルさが面白く、またハマダさんの、愛情と誠実さを感じさせるキャラクターに、とても惹
4件
作品、完読しました! 企業が利益の為に倫理を踏み外すのはよくあることですが、今回のお話は寒気を感じました。近未来においては、実際に起こり得る話だと思いました。その可能性の一部を見たようで、複雑な気持
1件1件

この作者の作品