杏音

人気急上昇作品という事で、2ラウンド目、前編から再度読ませてもらっています! 才能もあり、心優しいシンスケ。 わずか17才で生涯を終えてしまう事は何とも残念だし、両親もさぞかし悲しむだろう。。人間の立場では、そう思いますね。 しかしながら、彼は、今までの人生の殆どを、 茶太郎を助けられなかった苦しみで過ごしてきました。 今度こそは、見事に茶太郎の命を救い、 満ちあふれた気持ちでしょう。 茶太郎は、少々気が短く、照れ屋にも見えますが、 真っ直ぐで情に熱い好人物(猫?)です。 シンスケも神様にもらった、第2の人(?)生を、 茶太郎と共に楽しく歩んでもらいたいです! 続きを楽しみに読み進めます。

1/1ページ

1件