河依龍摩

 続編として書かれた作品でありながら、単体としても楽しめる作りになっております。  前作が、ファンタジーよりな設定の中に、一人一人の心の葛藤を描かれ作品であるのなら。こちらは、その葛藤を乗り越えることで、皆が同じ方向へと進み始めた中に、襲い掛かる圧力に皆で抗う話だと感じました。  一つの壁を乗り越え、心がまとまり始め、ようやく訪れた平和に忍び寄る、戦の影。  その戦いは、望まぬ争いであり、強要されたものであった。  それでも、戦わざる終えなくなった男達と、それを見送る女達の戦いが、描かれています。見送り、ただ待つしか出来ぬ女達、無意味な戦争を切り抜け、生きことに抗う男達。  様々な人の心に触れられ、各々の立場や、方向性の違いがみられる、作品だと思いました。
河依さん 「純恋歌」に続き、「羅紗情歌」に素敵なレビューをありがとうございました!  絶望的な状況の中にあって、それでも人はどう抗うのか。その姿を描くのがテーマのひとつだったので、このような感想をい
 方向性が変わっても、それぞれの立場の気持ちが描かれていて、楽しく読ませて頂きました。  もう少し詳しく書きたかったのですが、簡潔になってしまいました、申し訳無いですw;  ゆっくり読んで頂ければ

/1ページ

1件