moco.i

拝読いたしましたm(__)m 「かなり遅れてスタートした私は、リアルタイムでお読みの皆様よりラッキーだったのかもしれない。 気になるところでの『続く』がないから」 最初はそう思っていました。 それでも時間が許されず、止まり止まりの拝読でした。そんな中で最初の思いを否定しました。どこであっても止まりたくないのです。 もうこの物語を読むためだけの数日を、私にください!と言いたいほどでした。 主人公 綾ちゃんがどんどん成長していく様子は、時に危なっかしく、時に頼もしく、すべてに愛しく、ドキドキハラハラが止まりません。 私が大好きだったヨウちゃんもしかりです。 二人が活躍する世界はファンタジーですが、どこかで本当にあるのではないかというリアリティに溢れています。 作者様の特別な思いの元で、紡がれた物語は、読む者にも特別な感覚をくれました。 すっかり大人の私も200%楽しませていただきましたが、これほど良質な児童文学をぜひ出版業界の方に見つけていただき、多くの子供たちに夢や、生きる喜びや、本当の勇気や優しさを知ってもらう道標にしてもらいたい。心の底からそう思っています。 くまの様、素晴らしい世界にお連れいただき、たくさんの感動をありがとうございました。 これからも書き続けてほしい。おそらくそれは、私はもちろん、この作品に出逢った全ての人の思いだと思います。
micoさ~ん(ノД`)・゜・。 素敵な素敵なレビューありがとうございます(ノД`)・゜・。 読ませてもらっていたら、目から水が…(;_;) 最近、自分の小説は書かずに、皆さんの面白い話ばかり読ませ
ご丁寧にありがとうございますm(__)m 千夏たちもいつもありがとうございます。 二人に寄り添っていただいてる感じで、コメントに元気もらってますm(__)m プロローグでもあるのですが、このお話はハッ

/1ページ

1件