ンバ

おでんの出汁の如く、染み渡る珠玉の詩歌
胸にじーんと染み渡り、 時にくすりと笑いを誘う 温かく情緒溢れる言の葉の数々。 一詠一觴の風流、洒脱さを持ちながら 五感を刺激する美しさに満ち溢れている。 そして、とても、やさしい。 心が冷え冷えのとき、 おでんのようにあたたまれる そういう作品であります。

1/1ページ

1件