不知火 蛍

素晴らしい作品でした!
『AI新書店別館』読ませていただきました。 新作セレクションで紹介されていた作品の中で群を抜いて作品タイトルが魅力で、尚且つ設定も個性的であったところに惹かれました。 語彙力が非常に高く、随分たくさんの表現を勉強させていただきました。内容の方も新書店を通じて様々な人間模様を表現されており、とても綺麗な物語だったと思います。 この作品の設定でどんな話を繰り広げられるのかとてもワクワクさせていただきました。展開が意外な方へ向かったことに驚きつつも、しっかりとした筋立てですんなりと読み進められました。 正直な話、結末には良くも悪くもかなり驚かされました。 私個人の話になりますが、私は三人称の小説を書くのがかなり苦手なので、その点について物凄く勉強させていただきました。 さて、あまり良い感想を伝えられたとは思いませんが、ここらで失礼させていただきます。  最後に、久しぶりにエブリスタで読みやすい良い作品に出会えました。とても面白かったです。素晴らしい作品をありがとうございました。
不知火様 素敵なレビューをありがとうございます! スターだけではなく、レビューまでいただきまして恐縮いたしております。嬉しくて何度も読み返しました。 まだまだ拙い作品ではありますが、 少しでも不知
情景描写を補填する上でクラシックを選ぶのはとてもいいアイデアであったと思います。 ただ、その目的でクラシックを描写するのなら、有名であっても曲名だけで済ませるのではなく、その曲を作曲者がどんなイメージ

/1ページ

1件