Takehiko

夏のおわり
夏休みの終わりの 何とも言えない物悲しさを感じます。 花火のように一瞬の輝きを残して、 今、この時しかない夏休み。 このふたりは、いつか大人になって この貴重な素晴らしい時間を、どのように思い出すのだろう。 余韻のある美しい文章に、うっとりとしてしまいます。 一瞬、花火の火薬の香りが蘇りました。 素敵な物語をありがとうございました。
感想有難うございます。 素敵と言って頂き幸いです。

/1ページ

1件