いつでも、きっと恋をするのだろう。
この時期になると、進路とか就職とか、そういったワードを耳にするようになります。 そうした言葉と無縁になったのはいつだったのか。出会いにも、別れにも、ひとつひとつ心を動かしていた日々。誰もが経験し、乗り越えてきた日々。 そんな日々をひとつ、恋に乗せて切り取った素敵な作品です。 短いながらにも、若い二人の純粋な想いが書き込まれていて、どこか爽やかな余韻が残ります。 まるで恋のように。 印象深く、胸に残る言葉です。
1件・1件
遅ればせながら、感想をありがとうございました。出会いにも別れにも心を動かしていた日々…と書いていただいて、本当だなあとしみじみしました。 長月さんにいただいた感想のおかげで、自分の作品をもう少し深く見
1件

/1ページ

1件