プリン奉行

美しい描写で描かれる、感情のグラノーラ
奉行コンの参加ありがとうございます。 主催者のプリン奉行です。 読んでおりますので、とりあえず感想を。 繊細な彼と、どこかよく似ていながらも心に秘密を抱えている"春の女の子"を中心に、季節の移り変わりと共に心の移ろいでいく、そんな様子が美しい先品でありました。 特に注目すべきは、心に何かを持っている女性(特に春音)の、少しの事で崩れてしまいそうな優しさだったり、寂しさだったりがごちゃ混ぜになって、実は自分でも分から無さそうな様子が叙情的に描かれている事だと思います。 春夏秋冬、それぞれの4人がどう関係してくるのか?それも読む前からの気になっている事でありましたが、それ故に人物相関も分かりやすいうえ、個性がしっかり描かれているというのも〇としか言えない! 素敵な作品を、ありがとうございました。
・1件
こんばんわ…♪ やめて~、なんだか恥ずかしい(///∇///) 自分が書きたい世界だから、そんな素晴らしい感想はもったいないのです~

/1ページ

1件