Kazunano

あーーー なんというか、 誰かのために、 自分の身も心も差し出せるって なかなかできないですね。 それこそが、 純愛なのかもしれないですね。 私はそう言うものが読みたいのだと 思った週末でした。
4件

この投稿に対するコメントはありません