Akula Factory

人は最後の教えとして……
自分の死をもって、それ以外に死とは何かを教える。 それは悲しみであるかもしれないし、旅立つ事への祝福であるかもしれない。 僕は、小さな頃に飼っていた犬を亡くした時、大切な人や物から離れるのはやめよう。 どんなに苦しい思いをしても、大切な人を悲しませるのは辞めようと決めていました。 それは人間だから、時には傷つけてしまったりはするけれど、でも最後には一緒にいてあげようと思っています。 拒絶されない限りは。 この物語を見て、主人公に対して怒りを感じる人もいるかもしれませんが、僕は主人公に対して、哀れみと悲しみの感情を抱きました。 それは 僕がそれを経験しているからなのでしょう。 それと同時に、やはり大切な事は大切にしなければいけないと、あらためて確信出来る良い物語でした。
1件・1件
コメントありがとうございます。 人間って後で気づいて悔やむから『後悔』する生き物なのかなぁと思います。私はそんな人間臭さを書いてみたくて今回作品にしました。 人間だから不謹慎なことを思うときはあります。そしてそれに気づいた時に支払う代償もまた大きかったりして、成長していくものかもしれないです。 大人になっていくに従って共感していただける作品ではないかと……思いたい。 歳を取るってそんなものの積み重ねかもしれないですね。 私も日々勉強の中模索しています。 もしこの作品からそれぞれ何か考えるものがあれば幸いです(o_ _)o))
1件

/1ページ

1件