彼と彼女と子猫のワルツ

彼女は少し傷ついたように笑顔を固めて 「私、バカですから」また笑ってみせた。

鳴末

恋愛 完結
3時間26分 (123,330文字)

453 42

あらすじ

その日、相沢敬介が目にしたのは捨て猫を抱えた少女。 それは敬介にとっては不愉快な光景で、本来なら関わるようなものではなかった筈なのに。 その時は何故だろう、気がつけば自分でも説明のつかない行動をし

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません