蜘蛛の子 ─ゼブラⅡ─

『ゼブラ』続編/蜘蛛の巣のように張り巡らされた罠は想像の域を越えていた。

古道悠生

39分 (23,209文字)

740 86

あらすじ

調査研究所『ゼブラエージェンシー』の調査員である一葉は街で無差別連続殺人犯『レインマン』を見つけ……   息の詰まるサスペンス。   ※『ゼブラ ―雨男―』[link:novel_view?w=935

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

最高の爽快感でした♪( ´▽`) ここまで読んでみてわかる真実に感嘆( ´ ▽ ` ) 綿密な構成に感動です(^∇^)
ネタバレあり
1件

この作者の作品

もっと見る