涙する鬼に冥夜の帳

幕末に閉じ込められた師弟の絆は刀をも断ち切る

5,102 2,406

歴史・時代 休載中
8時間27分 (304,133文字)

あらすじ

小さな村にある 古くから何百年と続く道場 現代では薄れた剣術に一人の少女と村人は今も志を見つめていた ある日突然の出来事 非科学的で理不尽なハプニング 其の刀で守るのは何か 【始めに…】

感想・レビュー 5

登場人物がそれぞれとても魅力的で世界観に引き込まれました。 史実と変わって行きそうな展開にわくわくしながらここまで一気に読み進めて…これからどうなって行くのか続きが待ち遠しいです。
1件1件
夜分遅くにすみません 読ませていただきました とっても面白いし、勉強にもなります ふ、と読んでみたこの作品で、自分の家紋が何故か気になって調べてみたら、中条家のカタバミと同じだったんですよ笑 ケンカ
1件
何回も泣いてます。ハラハラドキドキがハンパない!!登場人物が皆魅力的すぎて大好きです!!
1件
もっと見る

この作者の作品