死神もどき

護廷十三番隊に隠され縛られ掻き消され…それでも尚知る人ぞ知る。裏隊そこにあり。

雲無しの午後

1時間17分 (45,957文字)

859 37

あらすじ

  裏隊   かつては十四隊だった。 しかし死神としては危険すぎる 力を持ってしまい 1つの隊まるごと 降ろされた。   手放すにも恐ろしいその隊は 護廷十三隊の裏で 動くのであった。   それが

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品