ろんぐこーと - a walk -

行かないで……雨に消えゆく白い影、哀しみに濡れる赤い傘

蒋莉沙

16分 (9,530文字)

38 2,388

あらすじ

いつもの道 いつもの街 いつもの風景 いつもの空気 いつもの時間 朝、目が覚めたら 開いてた小さな ほころび それは 時が過ぎゆくに連れて 大きく 大きく 大きく なっ……

シリーズタグ

感想・レビュー 2

読み終わった後に、泣いている自分がいます。 愛する者との別離、仕方のないものだとしても・・・。 見渡せば、私は、支えてくれる人たちに 感謝をしているのかしら? そんなことを想起させて下さる作品で
ネタバレあり
2件
「アナタも同じでしょう?」   そぅ問われたような 作品でした。   ペット飼育に、まだ 未熟だった《あの頃の自分》を 思い出しました… (*´`)

この作者の作品

もっと見る