TENOHIRAの灯火《籠の鳥と桜.外伝》

前作.《籠の鳥と桜》の続編。元受刑者となり裟婆に戻ったオレを待ち受けてたモノは…

1万 506

2時間51分 (102,335文字)

あらすじ

てのひらのともしび… 平成16年8月12日に逮捕されたオレ 留置場、拘置所、刑務所を渡り歩いた先に得たモノは 仲間と家族の絆やった。 そして 今日至るまでの3年間 裟婆には裟婆

タグ

感想・レビュー 1

続きが読みたくてたまりません!

同じ京都人として地名や風景が手に取るように分かり少しやんちゃをした若かりし頃の気持ちも思い出しながら読んでます! 滋賀刑務所での時間を埋めるのは大変だったでしょうが、決して外では味わえなかった感情な

その他情報

公開日 2009/9/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る