太陽の罪

兵を捨て駒にしか扱わない毛利元就のココロの真実とは・・・・・。

黒葉 零華

10分 (5,689文字)

89 137

あらすじ

長曽我部元親が訪れた、元就の城の部屋からすすり泣く声が・・・・・。 開けてみるとそこにはやはり元就がいた。 元就の涙の訳とは・・・・・・

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品