白猫に願いを。

ある日出会った美しい白猫は、喋る猫だった。「お嬢さん、その道は…………。」

2 0

ファンタジー 休載中
34分 (20,028文字)

あらすじ

少女と一匹の猫の物語。 「私が、あなたの名前を思い出させてみせる。」 「これは頼もしい。ときにお嬢さん、スカートがめくれていますよ?」 「えっ!!うそっ!」 「

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2009/11/20

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る