飴のようにすぐに融けてなくなって、

「ねえ、泣いてるの?」――泣いているのはきみのほうでしょう、なんて言えなかった。

30 0

22分 (12,620文字)

あらすじ

※BL,シリアス,十年後,骸綱。 先に君を突き放したのは僕だった。 先に君を嫌いになったのは僕だった。 先に君を好きになったのも、僕だった。 ――切なげに泣く君を抱き締めたいと思っても、君はも

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2009/11/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る