幕末天女~紅桜~

狂乱に揺れた時代の最期に、忘れられない思いが確かにそこにあった…

沖田一護

4時間48分 (172,336文字)

4,323 476

あらすじ

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 世は幕末、修羅さながらに人を斬る人斬りがいた。 その恐ろしさとは裏腹に、刀を振るう姿は、この世の者とも思えぬ美しさ… その姿はまるで、戦場に降り立った天女。 はる

感想・レビュー 1

面白かった! 続編楽しみにしてます!

この作者の作品