最高の出会いと最悪の別れ

銀時・小太郎・晋助…この三人の物語

84 1

22分 (12,862文字)

あらすじ

この小説は銀時・小太郎・晋助の三人の過去を捏造してます そして銀時達が松陽先生と出会うまでは会話が全てひらがなとなっており大変読みにくくなっております それでもよろしい方だけどうぞ… 桂小太郎中心で

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2010/2/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る