波打ち際の処「生」術

「波打ち際の処方箋」シリーズ

32 0

5分 (2,867文字)

あらすじ

   ――処世術とは、世の中を巧く立ち回る術(すべ)を言う。      貴方が標に迷い、辿り着いた先には、二人の医師と一人の看護士が待ち受けているかもしれない。    向こう側は、何かしら貴方に吹き込

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2010/2/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る