一橋→神戸に頑張ってみる

量より質だよね!ww←言い訳ではない

132 34

1時間2分 (37,172文字)

あらすじ

この小説はッッッッ!!父に唆され、一橋を目指し、E判定ながらも夢を諦めずセンター本番で自己ベストを出すものの、一橋のボーダーの高さにア然とし、傾向の変わる来年のセンターで高得点を取る自信のない筆者が神

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2010/2/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る