おちのない噺

不思議なだけで終わる噺ばかりで、おちは一切なし。

18 10

ホラー 完結
1時間9分 (41,058文字)

あらすじ

売れない作家、百道九十九(ももちつくも)。ある日を境に、彼の下には不思議な噺ばかりが集まり始め、彼は次第に収集し始めるのだが…。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2010/3/26

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る