時愛季

生命のひとつひとつ

ノラたん

4分 (1,860文字)

35 22

あらすじ

時愛季(ときめき) 時として 愛でる 季節の訪れ 生命と向き合う瞬間 それはShutterをきる瞬間 今日も明日も その姿に心ふるわせて 季節の訪れを 待ちわびたり 追いかけたり

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品