背中合わせ

「好き」って言っちゃダメなんて、僕たちが1番よくわかってるよ。

¶ なあ ¶

恋愛 休載中
3分 (1,784文字)

58 0

あらすじ

合わせた背中からお互いの体温が伝わった。 あの日、あの時間を。 僕は忘れたりなんかしない。 夕日が見える、あの海岸沿いの道で、僕は一人が朝日を見た。 忘れない、二人で見た夕日も、一人

タグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2010/5/29