今宵魔照らす緋の下で

これはまだ、私が「十六夜咲夜」になる前のお話。

30 42

ファンタジー 休載中
14分 (7,834文字)

あらすじ

私の前に、唐突にそれは現れた。 漆黒の翼を広げ、月を背に佇む少女。 いつからそこにいたのかは分からない。当然のように、それは立っていた。 これが、私と少女の出会いだった。 ―――――――

目次 2エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2010/10/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る