流れた匂い

私が香水を付けた日から、私の何かが変わった

2 0

恋愛 休載中
1分 (262文字)

あらすじ

付き合ってた彼の匂いに…いつしか愛着を覚え、依存していた私 しかし、彼が私を裏切ったあの日から…それは鼻につくような、強い憎しみの匂いとなり 私を狂わせていった 恋愛をして、傷つけられた私が

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2010/7/11

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

君キス2-2

恋愛 完結 過激表現
12分 (6,731文字)
もっと見る