朔望を待つククルカン

――近未来。人工皮膚は本物よりもそれらしい。

13 0

15分 (8,450文字)

あらすじ

SFを目指して書いていきます。 ありがちな発想ですが、オリジナルになります。 “紫の月の案内人” “誰彼時のブルームーン” に続く月シリーズ三作目です。  **この作品はフィクションです。 実際

タグ

目次 3エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2010/7/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る