左遷された世界

ある日、人間は超能力を誰もが使えるようになった。その理由は―――

徒然人

SF 休載中
2時間2分 (72,943文字)

10 156

あらすじ

ある日、唐突に、突如として、何の前触れもなく、 人は超能力を使えるようになった。 それから二〇〇年後――― 神と天使が現れ、そして―――― 「なによ! この―――“劣化品”のくせに

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品