鬼の瞳、蒼の涙〈雫〉

冬は過ぎ春が来る。動乱の時代を駆けていく新撰組と、共に生きる少女朔の物語。続編

有明よだか

歴史・時代 休載中
2分 (1,194文字)

805 11

あらすじ

「誠」とは「忠義」なり。 彼らは時代を駆け抜けた。 自分を信じ、仲間を信じ。 変わっていく時代の中で。 掲げられた誠の下で――。 #####――― ■鬼の瞳、蒼の涙の続編です

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品