リストリクトⅠ‐やまぬ雨と去り行く過去‐

届かず、開いたままの手のひら。次こそ掴んでみせるから、まだ閉じはしない。

春雨小町

ファンタジー 休載中
2時間26分 (87,513文字)

81 74

あらすじ

   舞台は魔法の存在で発展を遂げた、とある世界―― ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  季節は春、時期は梅雨。幸福のハズだった少年はある日、大切なモノを2つ奪われた

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品