死神姫と新撰組

とある満月の夜。土方と沖田の前に現れたのは──自らを“死神”と名乗る少女だった。

霜月初華

歴史・時代 休載中
3分 (1,519文字)

116 10

あらすじ

満月が妖しく光る夜。 京にできて間もない壬生浪士組に──彼女は現れた。 “死神” そう名乗る彼女に、隊士たちは次第に惹かれていく。 彼女と共に過ごすことで彼らは“命”の重みを知り、そ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません