いかんせん馬鹿である。

表紙をご覧になっても分かるとおり、この小説はラブコメではありません。ギャグです。

諧謔屋

コメディ 完結 過激表現
9時間54分 (356,154文字)

4,632 2,145

あらすじ

  現代の世の中には、 “馬鹿” と呼ばれる人達が存在する。 “馬鹿”の主な意味は 愚かなこと、またそういう人、アホ、取るに足らないつまらない事、無益な事、役に立たない事、社会的常識に欠けている事

感想・レビュー 5

完結おめでとうございます。 お疲れ様でした。 あなたの作品に出会えて幾月……毎日楽しませていただきました。 本当に、素晴らしかったです。 これからも頑張ってください! 学上会に栄光あれ!
1ヶ月振りの更新ありがとうございます。この一ヶ月間寂しかった……
更新待ってます♪
もっと見る

この作者の作品