時空の追憶

時を越え、時空を超える。そんな想いがあったーー。

灯龍あやせ

SF 休載中
1時間54分 (67,905文字)

345 8,491

あらすじ

『時代がもしも許したのなら、 二人、また出会いたい』  時を越え、空間を越えるーーそんな想いは、遠い“今”へと紡がれた。  ロボットの普及が著しい世界で、皮肉な形で出会ってしまった二人。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品