君のために…

「アンタはわたしだけを見てればいい……」「か、カッターをしまってくれないか?」

セプテンバー

6時間3分 (217,393文字)

1,101 1,281

あらすじ

第1章【日常編】終了 (P.1~P.176) 第2章【破滅編】開始 (P.177~) ―皆と過ごす楽しい日々が、いつまでも続くと思ってた― とある出来事をきっかけに、高原崇志の日常は

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品