消えた夏

心の瞳を背向けずに、この物語を読めますか……

岬 太陽

11時間34分 (416,204文字)

639 3.4万

あらすじ

  いつしか人は伝える事   すら忘れてた   危機管理に乏しい日本   そこには子供の未来など   存在しない   大震災が生んだ教訓すら   忘れ去られていた   命と名誉を天秤に掛ける

感想・レビュー 14

真剣に読まずにはいられないすばらしい作品でした。この作品に巡り会えて良かったです。
完結、お疲れ様でした。 忘れてはいけない……あの日。 私達の記憶に新しいあの惨事。 立ち直れてない人もまだ 多い現実の中で 1人1人が今、何を出来るのか? 出来る事から一歩前へと 進
ネタバレあり
1件
「消えた夏」。 この作品は、執筆当初からずっと読ませて頂いていましたが、 関西の震災、東北の震災、原子炉問題と今の現実とシンクロさせて読むことにより、いろいろと考えさせられるメッセージの強い作品でし
ネタバレあり
3件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る