追慕(セピア)色の境界線

あの駅が近付くにつれ、セピア色の記憶が彩りを戻し、置いて来たはずの想いを甦らせた。

den

恋愛 休載中
25分 (14,456文字)

67 6,187

あらすじ

15年の歳月… 想い出をセピア色にするには十分過ぎる時間だった。 偶然に通り掛かったあの街で乗り込んだ世田谷線は、俺をたった一区間運ぶだけで、失い掛けてた記憶に彩りを添えてくる。 あの娘と出会

タグ

感想・レビュー 2

表現の仕方に惚れ惚れ🎵ですね~😃読んでるとそれがまるで目の前に在るように思える
3件
世田谷線、昔沿線沿いに住んでいました。 独特の風情のある電車と路線際の風景でした。 懐かしさも含めて、この先の展開を楽しみにしています。
1件2件