千年童子の子守唄

少女の声に導かれ、彼女は今、千年の時に挑む。

白沢 四季

1時間11分 (42,408文字)

67 41

あらすじ

都内の会社に勤める、とある平凡なOL“白沢 四季” 一人旅が趣味の彼女はある日、旅先の旅館で不思議な声を聞く事となる。 その声に導かれ、彼女が辿り着いたのは、座敷童子誕生の切っ掛けとなった千年前の

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品