夜月神隠し

「僕は君のそうゆうとこ、嫌いじゃない…。」沖田

希一

歴史・時代 休載中
36分 (21,391文字)

365 62

あらすじ

世界は化学の進歩により、時空移動を行える様になった。 しかし、時空移動を大勢の人間が活用したが為に、時空変動が多発した…。 世界政府は、やむを得ず時空移動の使用を禁止した。 だが、事態

シリーズタグ

感想・レビュー 1

続き楽しみです♪
1件

この作者の作品