貴方の眼 乾いてますよ

八朔祭りの夜 宛もなくぶらぶらしてた。

2 1

概要・あらすじ

作者: 武田
2分 (1,121文字)
いつもと同じ祭りに行った。 何をしても上手く行かない俺は自棄を起こしていた。 普段行かない路地を入ってみると… 薄暗いろうそくの灯りの中 じいさんは占いをしていた。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2012/2/3

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る