ぼくらのマザー、

お母さん。貴方は何を思って、どんな人生を歩んでいったのですか?

大田刻洋

24分 (14,105文字)

639 3

あらすじ

僕は最近まで、彼女を忘れる事が、彼女の存在する意味だと思っていました。 でも僕は気付きました。 彼女がいなければ僕はいないし、彼女が僕の事を想っていてくれたなら、僕はこんなに傷付く事はなかった。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品