新撰組の椿ちゃん!

その男、語るは紅椿綺譚―――…

朱蓮

11時間11分 (402,070文字)

3,946 8,841

あらすじ

歴史に名を刻んだ、【新撰組】 その新撰組を陰で支えた監察方     『蓮条 椿』 時には遊女、時には侍、そして忍。 女というハンデを背負いながら も彼女は逞しく幕末を生きた。 そして、女を取り

シリーズタグ

感想・レビュー 43

このお話めっっっっちゃ好きです! ええ話でした!!!! でも椿ちやん死なんで 欲しかったです(?????)笑 でもほんまええ話でした! また機会があれば読み直ししたいと思います!!!?
2件2件
初めまして、Riruと申します♪ 以前からモバで読んでたのですが飽きずに長く読むことができました! 思わず吹き出すこともあれば感動して泣きそうになることもあり、笑あり涙ありの素晴らしい小説だ
朱蓮さんの小説を読んで感動しましたぁ(>_<) もっともっと小説を書いてくださいね! 丞と椿の小説を楽しみにしています!
2件2件
もっと見る

この作者の作品