勇者の在り方

RPGのような昔話

紫津夕輝

18分 (10,782文字)

62 163

あらすじ

この物語は、ベタなRPGを基に考えたものです。 ジャンルは童話・絵本ですが、作者的には昔話の感覚で書いてます。 最高カテゴリ15位 (エブリスタ)

感想・レビュー 4

童心に帰って読んでる気分でした

童話とファンタジーというとても相性の良いジャンルを見事に再現されている作品でした。 ファンタジーは人気のジャンルですが、童話調の語り口で物語が進んでいく形を作り、一貫して表現するのはなかなかできないん
おもしろい! まず設定が素敵です。偏見はあったかもしれないけれど、最初から共存を選ぶ魔物と人間たち。 そこで生まれる勇者と中ボスシステム。そして崩れていくシステムと勇者になりたかった少年。 王道のよ
ネタバレあり
1件
ふらふら~と、立ち寄って読んでみたら……何これ鳥肌立った。 いかにも子供向けの様な文体でありながら、内容はしっかりとしていて、スラスラと楽しんで読むことができました。 誠に勝手ながら立ち寄りレビュ
ネタバレあり
もっと見る

この作者の作品

もっと見る