ヤマアラシのジレンマ

詩にも小説にもならず、分ける場所も分からぬ自己整理で出てきた言葉です

トラベル

20分 (11,981文字)

4 61

あらすじ

ヤマアラシは仲間と寄り添いあう事が出来ぬという 体を寄せあおうとすると 体中にある針で、お互いを傷つけあってしまうから 側に寄れば寄るほど、 自分の針が相手を傷つける そして自分も、相手の針

タグ

タグは登録されていません

感想・レビュー 1

切ない言葉が何か心のどこかに引っ掛かるインパクトがあります。良作だと思います(*^o^*)

この作者の作品