幽霊階段

雨の日、その階段を通ると、血痕が浮かび上がって見えた……。

あゆみん(菱沼あゆ)

ホラー 完結
10時間51分 (390,415文字)

3,310 8,577

あらすじ

高校二年生の佐々木明路(あける)。 彼女は登校途中にある階段がいつも気になっていた。 雨の日に通ると、そこに血痕が浮かび上がって見えるのだ。 祖父の形見の腕時計をつけたときだけ、霊が見える彼女だが、そ

シリーズタグ

感想・レビュー 8

貴方の名前「は」何ですか? 貴方の名前「が」何ですか? こういう所が気になりました。 上記は例です。
1件1件
(応援)霊感のある少女が事件に巻き込まれていく……。 なぁんていうありきたりな小説ではありません。 前世での業や、因果。 そういったものが複雑に絡み合い、多くのものを巻き込んでいく。 読み進めれば
ネタバレあり
3件
挿絵が素敵ですね! ご自身で製作されたものですか?
3件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る