~いのち~

過去、前世、命について書きました。赤ちゃんからの視点で書いたものです。

れり

8分 (4,321文字)

8 2

あらすじ

数百年前、ある小さな少女が無惨にも殺された。 霊となり、さ迷う小さな少女の霊。 その小さな命を女神は拾い、幼い頃に亡くなった子どもたちの集まる場所へ連れて行く。 女神は少女にいう。 ―あな

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2012/6/5